不妊に悩む人を救う卵子提供

不妊治療と経済的負担

不妊に悩む夫婦やカップルは日本国内でも年々増加しています。不妊の定義としては、避妊しない性交渉を続けても2年以上妊娠に至らないものを不妊といいます。現代の日本では、全体の出生児のうち約50人に1人は体外受精などの不妊治療によって生まれており、小学校などのクラスに一人は不妊治療によって生まれた子供がいるということになるのです。


不妊治療を行うためには、不妊検査をし、検査の結果によってどのような不妊治療を行うのかを決定します。不妊治療には一般不妊治療と高度生殖医療の2種類があり、一般不妊治療の場合は健康保険が適用されるので費用もそこまでかからないのですが、より自然な妊娠に近い形で治療をし、妊娠を図ることから、あまり効果がない場合には高度生殖医療が選択されます。この高度生殖医療は、健康保険適用外となるので全額自己負担となり、一回の費用も30万円から50万円程度と高額な費用がかかるのです。


不妊治療による経済的な負担

不妊治療を長く続けているのに、なかなか子供に恵まれないという話はよく聞きます。体外受精や顕微鏡受精の場合には、一回の費用が何十万とかかることから、治療で受ける精神的な負担や肉体的な負担に加えて経済的な不安が負担になってしまうのです。長く続ければ続けるほど不妊治療の費用負担は大きくなってしまいます。悲しいことに経済的な負担に耐えることが出来なくなり、不妊治療を志半ばで諦めてしまう夫婦やカップルも少なくはないのです。


国は自治体には不妊治療を応援する助成金制度がある

不妊治療を続ける上で、経済的な負担を少しでも軽くすることが長く続けるためには必要不可欠な課題となるのですが、体外受精や顕微鏡受精などの高度生殖医療の場合は健康保険適用外となるので、負担する費用は相当なものとなるでしょう。


そこで少しでも負担を軽くすることができるように設けられているのが、国や自治体による不妊治療を受ける人のための助成金制度です。国が設けている助成金制度の場合は、回数や年齢などに条件があるのですが45万円から最大90万円までを受け取ることができるようになっています。国が指定した医療機関でのみ助成金を受け取る対象になることができるので、不妊治療を始める前に一度調べてみましょう。


また自治体は助成金制度を設けているところとそうでないところがあるので、自治体に問い合わせるなど利用出来る制度は、全て利用して不妊治療の負担を少しでも軽くすることが出来るようにしてみましょう。


twitter & Bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活ママのサポートサイト

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。