不妊に悩む人を救う卵子提供

日本人女性が卵子ドナーになるためには

女性の場合は、生まれてきた時には持っている卵子の数が決まっています。その数は約200万個と言われており、初潮が始まるころには約20万個まで減少しているのですが、この卵子は受精しなければ毎月の生理によって体外に排出されており、無駄なものとなっていると言っても良いのです。


そこで子供に恵まれない夫婦やカップルのために、毎月無駄に体外に排出してしまっている卵子を提供することはできないかと考える日本人女性も増えてきました。


卵子ドナーになるための条件や資格

卵子ドナーが登録している卵子バンクには、一般的には海外に在住している日本人女性が多いのですが、日本にいながら卵子ドナーとして登録することも可能です。日本人女性の卵子ドナーが増えることで、日本人の遺伝子を持つ卵子確保することが出来るので、卵子提供を望む夫婦やカップルにとっても朗報となるのです。


卵子ドナーになるための条件としては、20代の健康な女性いうのが第一の条件となります。これは20代の女性の卵子が妊娠に最も適していることから条件とされており、例外としては過去に卵子提供をしていて実績がある場合には30代の女性の卵子ドナーも存在します。この他には薬物やアルコールの依存症でないこと、喫煙をしないこと、性病などの感染症にかかっていないことなどが条件として挙げられ、海外に短期間渡航することが出来るスケジュール調整が出来ることも条件となります。


(参照)卵子提供プログラムとは - 日本人の卵子ドナーによる卵子提供


インターネットで卵子ドナーの登録をする

卵子ドナーを募集している登録機関のホームページから申込みを行います。もちろんこの時に不安や疑問があれば問い合わせをすることもできるので、卵子ドナーになる上での不安や疑問を解消してから登録をするようにしましょう。登録が完了するとパスポートや運転免許証や健康保険証などの身分証明書の提出が必要になり、提出をすると登録が完了となります。すでに卵子ドナーを探している夫婦やカップルがいる場合には、選定の中に含まれるのですぐにでも卵子提供に関する連絡があることもあり、一日で選ばれることもあれば一ヶ月二ヶ月とかかる場合もあります。卵子ドナーになることが決定すれば、卵子ドナーと卵子レシピエントとなる夫婦やカップルは契約書を結び、正式に卵子ドナーとなります。


ここまで終了すると、スケジュールを調整して卵子提供をするための医療機関がある国に渡航し、渡航先の医療機関で専門医による審査や検査を受け、採卵を行います。基本的には卵子ドナーとなる女性と卵子レシピエントとなる夫婦やカップルが会うことはなく、謝礼はエージェントを通して支払われるのが一般的です。謝礼に関しては卵子への対価ではなく、卵子を提供するために割いた時間や検査や採卵などの労働の対価として支払われるものです。


twitter & Bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活ママのサポートサイト

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。