不妊に悩む人を救う卵子提供

子供を持つ確率

子供を持つためには受精、着床、妊娠の継続、出産など様々な確率を乗り越えることになります。自然妊娠や不妊治療による妊娠を成功させても、妊娠を継続する確率などを考えると、奇跡的な確立で子供を持つということが成り立っていることがわかるのです。
不妊治療を続ける上で何度も失敗してしまい、中には心が折れてしまったり妊娠しないことをストレスに感じてしまう人もいるでしょう。ですが、こういった奇跡的な確率の上で妊娠や出産が成り立つことを知っておくと、少しでも前向きに不妊治療に望むことが出来るのではないでしょうか。


自然妊娠の確率

妊娠の確率を出す時には、必ずと言っていいほど女性の年齢が関係してきます。確率も女性の年齢ごとに出されることがほとんどです。


●自然妊娠の確率


■25歳の女性・・・25%から30%
■30歳の女性・・・25%から30%
■35歳の女性・・・18%
■40歳の女性・・・5%
■45歳の女性・・・1%


●流産の確率


■25歳の女性・・・10%
■30歳の女性・・・10%
■35歳の女性・・・25%
■40歳の女性・・・40%
■45歳の女性・・・50%


となっています。悲しいことに女性の場合は年齢を重ねるごとに妊娠する確率が下がり、逆に流産する確率が上がってしまうのです。このことから、国が行っている高度生殖医療に関する助成金も39歳までは年間6回、40歳以上43歳未満までは年間3回と決められており、43歳以上は受け取ることが出来なくなっているのです。


体外受精を行った場合の妊娠確率

高度生殖医療である体外受精では、全体の出生児のうち約50人に1人が生まれていると言われているのですが、体外受精では健康保険適用外となることから高額な費用がかかることで知られています。もちろん国や自治体が高度生殖医療を受ける人のために助成金を用意しているのですが、助成金では経済的な負担を少しだけ軽くする程度となるので、費用の捻出が出来ずに体外受精などの治療を諦めてしまう人も少なくありません。
体外受精の妊娠確率も女性の年齢によって出されることがほとんどです。


●体外受精を行った場合の妊娠確率


■20代の女性の場合・・・35%前後
■30歳の女性の場合・・・25%前後
■35歳の女性の場合・・・15%前後
■40歳の女性の場合・・・8%前後
■45歳の女性の場合・・・2%前後


となっており、自然妊娠よりも確率を上げることが出来ます。そしてこれに加えて妊娠継続の確率などが大きく影響してくるのです。


twitter & Bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活ママのサポートサイト

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。