不妊に悩む人を救う卵子提供

体外受精に不安を感じる女性に

高度生殖医療の一つである体外受精は、現代の日本では一般的な不妊治療となりつつあります。体外受精で生まれている子供はクラスに一人はいる計算になるので、不妊に悩む夫婦やカップルが体外受精を選択すること珍しいことではないです。


ですが、これから体外受精をする女性にとっては何かと不安もあるのではないでしょうか。
このページでは体外受精の際に痛みを感じるのか?体外受精の流れはどうなっているのかを紹介します。少しでも体外受精に対する不安を取り除いて、ストレスなく治療に望めるようにしたいですね。


(参照記事)ハワイの卵子提供 提携クリニック


体外受精の流れ

体外受精では一般的に排卵を誘発させて、卵胞を育てた後に採卵をします。採卵方法には様々な方法があり、


■完全自然排卵周期法・・・自然排卵を見込める場合に選択することが出来るもので、排卵誘発剤を使わずに採卵を行う方法であり、通院回数などを減らすことが出来排卵誘発剤による身体への負担も減らすことが出来ます。


■クロミフェン法・・・自然排卵は出来るが卵胞の成長に問題がある場合や卵巣の機能が低下している場合に選択します。月経後にクロミフェンと呼ばれる薬を飲み、卵胞の成長を促進して採卵を行う方法です。


■hMG/rFSH注射・・・何らかの理由によってクロミフェンが使用できない場合やクロミフェンよりもより多くの卵子の数を望む場合に選択されます。月経後にhMG/rFSHを注射し排卵を促す方法です。


■クロミフェン法+hMG/rFSH注射・・・クロミフェンとhMG/rFSHの2つを組み合わせて行う方法であり、1種類よりもさらに多くの卵子を望むことが可能となっています。


■アンタゴニスト法・・・未成熟な卵胞を排卵してしまう場合に選択する方法で、卵胞の成熟を一時的にストップさせて採卵のタイミングに合わせて成長を促す方法です。卵胞を育てるホルモンが多い人にも適しています。


■ショート法・・・一時的に卵子の成長を止めてから排卵の少し前に卵子の成長を再び再開させて採卵する方法です。


■ロング法・ウルトラロング法・・・月経前の段階で排卵を抑制し、より多くの卵胞の成長を促し複数の卵子を採卵する方法です。排卵を抑制することで排卵周期をコントロールすることが可能となっています。


採卵の際に痛みはあるのか?

体外受精を考える際に、やはり気になるのが卵子を採取する採卵の際に痛みはあるのか?という点ではないでしょうか。
基本的にはあまり痛みを感じない人がほとんどです。感じたとしても生理痛のような痛みと似ていると言われています。どうしても不安な場合やもともと痛みに敏感で弱い場合には、希望することで局部麻酔を使用することもできるので安心してよいでしょう。


twitter & Bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活ママのサポートサイト

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。