不妊に悩む人を救う卵子提供

子宮内膜症と不妊

現代の日本で急速に増えているのが子宮内膜症に悩む女性です。女性特有の病気であり、テレビや雑誌などで女性タレントさんやモデルさんなどが子宮内膜症に悩んでいることを告白するなどしたことから、一般的にも知られるようになったのではないでしょうか。実は、子宮内膜症は不妊にも大きく影響しているので、妊娠を考える女性は知っておく必要があるのです。


子宮内膜症の原因とは

子宮内膜症とは、本来子宮の中にしかないはずの子宮内膜の組織が卵巣や卵管などにもできてしまう病気です。子宮以外の場所に内膜が出来てしまうことによって、血液や内膜を月経で上手く体外に排出することが出来なくなり、体内にとどまることで他の臓器などと癒着をして炎症や痛みなどの症状が起こるものです。妊娠の経験がない女性に多いと言われており、卵巣機能が活発な20代から40代の女性に多いと言われています。


子宮内膜症の原因として挙げられるのが月経の回数と妊娠です。エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンによって内膜は増殖と剥離を繰り返すので、エストロゲンの分泌が活発な若い女性に多い病気となるのです。閉経するとエストロゲンは急激に減少するので症状が緩和したり、なくなったりすることも多くなります。ですが、生活習慣や妊娠や出産などのライフスタイルが変化したことによって月経が早く始まり、閉経が遅くなる傾向にあるので子宮内膜症に悩まされる期間が長くなっていると言われています。


子宮内膜症の治療法と不妊との関係

子宮内膜症の治療法としては、偽閉経療法や偽妊娠療法など一般的にはピルなどを使ったホルモン療法となります。ですがこれらの治療法では、長期間続けなければならないことや副作用などの問題があるので、これらの問題を懸念する場合には内視鏡や開腹などで手術をして病巣を取り除くことも可能となっています。手術の場合は、保険適用にはなるのですが自己負担分も高額になるので、経済的な負担が多少大きくなってしまいます。


子宮内膜症がなぜ不妊と関係があるのかについてですが、子宮内膜症によって卵子の質が低下することがわかっています。そして卵管を卵子が通ることが出来なくなってしまうこともわかっており、これが不妊の原因となっているのです。子宮内膜症=不妊ではないのですが、妊娠しにくくなる一つの要素となることを知っておきましょう。


子宮内膜症を予防するため、改善するために欠かせないのが生活習慣や食生活の見直し、適度な運動などであり、ホルモンバランスを整えることが必要不可欠となります。妊娠を考える上でも健康的な生活を送ることは必要不可欠なので、意識してみてはいかがでしょうか。


twitter & Bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活ママのサポートサイト

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。