不妊に悩む人を救う卵子提供

無排卵月経と妊娠

妊娠をするためには、まず排卵をしていることが前提となります。毎月月経が来ているのだから排卵はしているだろうと考えるのが通常ですが、実は月経が来ても排卵をしていない場合があることを知っていますか?これを無排卵月経と言います。無排卵月経のメカニズムと原因や症状、治療法などについて説明いたします。


無排卵月経は不妊の原因の一つとなっている

30代の女性に多いと言われているいのが無排卵月経であり、毎月月経は問題なく起こっているのに排卵が起こっていない状態を言います。排卵障害の一つであり、不妊の原因となるものなので注意が必要です。


無排卵月経の症状として挙げられるのは、月経の周期のばらつきです。月に数回月経が起こったり、一度の月経の経血の量が少なくだらだらと長引いたりするなどがあります。とは言っても周期もきちんとしており、量も特に問題がなくても排卵をしていないこともあるので、一概に無排卵月経の症状はこれだとは言いづらいのが現状です。ストレスやホルモンバランスの影響など、ちょっとした変化などで簡単に月経の周期などは変動してしまうので、月経の周期がずれてしまっても自然に元に戻るようであれば心配はないでしょう。また20歳ぐらいの年齢であれば、月経の周期が安定していないことも多くあります。


無排卵月経になる原因としては、普段の生活習慣が大きく影響しています。また喫煙や過度なダイエット、ストレスや冷えなども原因となるので日常生活にこういった原因がないか考えてみましょう。また、他の病気の治療のために服用している薬が原因になっていることもあります。


無排卵月経の治療と妊娠の問題

無排卵月経の場合は、受精することができる卵子が排卵されていないので妊娠することは難しくなります。妊娠を望むのであれば不妊治療による治療が必要になり、不妊治療によって無排卵月経でも妊娠をしている女性は存在します。


妊娠を望む場合には、まず無排卵月経を治療することから始まるのですが、無排卵月経の治療法には漢方薬、ピルなどのホルモン材、排卵誘発剤、この3つのうちいずれかを投与して排卵を促しながら治療を行っていきます。


体質の改善やホルモンバランスの安定なども治療の一環となるので、自分の希望や医師のアドバイスを元に治療を進めていきましょう。治療をする中で、生活習慣など無排卵月経の原因となっているものを見直すことも必要です。


twitter & Bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活ママのサポートサイト

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。