不妊に悩む人を救う卵子提供

日本国内での卵子提供

不妊治療を長年続けてもなかなか妊娠することが出来ず、子供を持つことを諦めてしまう夫婦やカップルも少なくはありません。そんな夫婦やカップルの助けとなるのが卵子提供です。
卵子提供を考える夫婦やカップルは、日本国内で卵子提供を受けることは可能なのでしょうか?


日本国内で卵子提供を受けることはできるのか?

日本国内でも卵子提供を受けることは出来ます。とは言っても、日本国内で卵子提供が認められるのは、病気などで卵巣を摘出して排卵がない場合や早期閉経によって排卵がない場合など、卵子を提供してもらう他に子供を持つ望みがないと認められた場合のみであり、卵子ドナーになることができるのも知人や親族のみとなります。また、国から指定された卵子提供を受けることができる医療機関も少なく、卵子提供に関する知識や技術を持つ医師が少ないのが現状です。
こういったことから現代の日本国内では、事実上卵子提供は認められていないと考えられているのです。


実は卵子提供に関するルールを定める法律などは日本にはなく、現在は日本産婦人科学会が制度を定めているのが現状です。法律や制度が整っていないことから、日本国内での卵子提供は希なケースであり、不妊で悩む夫婦やカップルにとってハードルが高いと言ってもよいでしょう。
そこで今卵子提供を考える夫婦やカップルに注目されているのが、海外での卵子提供です。


海外での卵子提供

海外には卵子提供に関する法律や制度が整っており、卵子提供の実績を多く積んでいる医療機関や医師が多く存在します。日本からも年間100人以上の女性が卵子提供を受けるために海外に渡航しており、渡航先としてはアメリカやタイなどが主流となっています。


海外であれば、日本で認められる卵子提供に関する条件以外の理由でも卵子提供を受けることができ、なおかつ匿名の第三者から卵子提供を受けることができるのでハードルも低くなるのです。


海外には卵子ドナーが登録する卵子バンクというものが存在します。この中には、海外に在住する日本人の卵子ドナーや日本から渡航して登録している卵子ドナーも多く存在しており、海外で卵子提供を受ける際にも日本人の遺伝子を持った卵子を提供してもらうことができるのです。
日本には卵子提供プログラムをサポートするエージェントがいくつも存在しているので渡航の手続きや医療機関、医師、卵子ドナーの選定などをサポートしてくれるので、現地の言葉がわからなくても海外で卵子を提供してもらうことが可能となっているのです。


twitter & Bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活ママのサポートサイト

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。