不妊に悩む人を救う卵子提供

海外で卵子提供を受けるには?

日本国内では事実上卵子提供は認められていません。事実上と言われる理由は、日本国内で卵子提供を受けるには、病気などで卵巣を摘出し排卵がない場合や早期閉経によって排卵がない場合など、卵子提供を受ける他に子供を持つ望みがないと判断され認められる必要があるからです。国から指定された、卵子提供に関する技術や知識を持った医師が在籍する医療機関が少ないことも、卵子提供を日本国内ではすることが出来ない理由となっています。


卵子の老化などが原因となっている不妊の場合には、海外での卵子提供の他に選択肢はないと考えてよいでしょう。海外であれば法律や制度、医療機関や医師など整った環境で卵子提供を受けることができる国が多く存在します。


(関連記事)卵子提供プログラムの費用


海外で卵子提供を受ける流れ

日本国内には、海外で卵子提供を望む女性や夫婦が、安心して卵子提供を受けることができるようにいくつものエージェントが存在しています。卵子レシピエントの変わりに現地での医療機関や医師の選定、卵子ドナーの選定、渡航の手続きなどを引き受けてくれる機関であり、現地の言葉などがわからなくてもエージェントに依頼することでスムーズに卵子提供を受けることができるのです。


まずは、エージェントと面接をして卵子提供に関する説明を受け、希望を伝えましょう。卵子提供を受けると、現地で体外受精を行って女性の体内に受精卵を移植することになるの、最低でも一回から二回渡航する必要があります。体外受精が終わると二週間ほどで妊娠判定を行い、上手く受精卵が着床していれば妊娠となるのです。


費用の支払いは渡航先にもよりますが、東南アジアであれば一回200万円前後となっています。高額な費用に驚く人もいるでしょう。ですが不妊治療も長く続ければ続けるほど費用は嵩むものであり、長い不妊治療でも子供を授かることが出来なかった女性の最後の望みとなっているのが卵子提供なのです。


海外に日本人の遺伝子を持つ卵子はあるのか?

海外で卵子提供を受ける際には、匿名の第三者からの卵子を提供してもらうことになります。この時に日本人の夫婦やカップルが気になるのが、提供される卵子は日本人の遺伝子を持っているのか?という点ではないでしょうか。 もちろん日本人の遺伝子を持つ卵子も多く存在します。海外に在住している日本人女性が卵子ドナーになることもありますし、日本から海外に卵子ドナーになるために渡航している女性も少なくないのです。ですが需要と供給のバランスもあり、希望した時に日本人の遺伝子を持つ卵子がない場合には中国や韓国、台湾などにも広げて選定する夫婦も少なくありません。


twitter & Bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活ママのサポートサイト

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。